富士岡駅の歴史

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

富士岡駅は待避線のある信号所がルーツ。昭和19年の開業にあたり、連続勾配区間に位置する富士岡では、SLの発着は水平な待避線を利用したスイッチバック式で行われることになった。その跡が「富士見台」という公園になっている。

南御殿場~富士岡間を行くSL

沼津発、御殿場へと向かう上り列車。もくもく と煙を吐いて走るこの蒸気機関車はD52。愛称は「デゴニ」。御殿場線最後のSL。

南御殿場~富士岡間を行くSL