御殿場駅の歴史

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

小田急ロマンスカー「あさぎり号」

昭和43年、小田急3000形ロマンスカーが「あさ ぎり号」として御殿場線に乗り入れ。平成3年の引退まで、新宿~御殿場間を連絡した。


機関士

SLの運行は、機関士と機関助士の二人で行わ れた。トンネル通 過時、運転室には熱気をはらんだ煤煙が舞い込んで大変だったという。


夜の御殿場駅

御殿場駅構内で点検を受けるD52。国府津発。 御殿場止まりのこの汽車は、翌朝、始発列車として沼津へと下って行く。