沼津駅の歴史

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

わが国鉄道史上に燦然と輝く大機関区・沼津。昭和の初め、超特急「燕」を動かし、そして整備していたのは、この沼津機関区だった。その栄光の歴史は、C58型蒸気機関車の動輪とともに、駅前広場のモニュメントに深く刻まれている。

沼津機関区扇形機関庫

わが国鉄道史上に燦然と輝く大機関区・沼津。 昭和の初め、超特急「燕」を動かし、そして整備していたのは、ここに働く鉄道員だった。


沼津機関区転車台

沼津機関区では先頭を走る「本務機」のほか、 後押し用の「補機」の付け替えも、連日連夜行われた。写真は20m級の大転車台。