足柄駅の歴史

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

ローカルな、御殿場線のイメージを象徴するのが足柄駅だ。金時山の麓に位 置し、前後には沿線屈指の車窓風景が展開する。上り下りの列車が、一つのホームに停車する島式ホームのひなびた無人駅である。跨線橋などもちろん無く、線路をまたいでホームから改札へと向かう。このレトロさは沿線の各駅中、ナンバーワンといえそう。駅周辺は宅地化が進んだが、少し歩けば、まだまだ昔ながらの農村風景を目にすることができる。駅前広場には、熊にまたがる金太郎の立派な像もある。

足柄駅

昭和40年頃の写真。昭和22年9月開業の足柄駅 は、戦後の御殿場線のイメージを象徴するような、ローカル色あふれる静かな駅だ。