富士山須走口登山道

ハイキング

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page
  • 登り 御殿場駅→登山バス25分→須走(浅間神社)→登山バス40分→新五合目→1時間50分→六合目→1時間→七合目→1時間(富士吉田口合流)→50分→九合目→30分→頂上 (お鉢めぐり:山頂一周2.5km、1時間30分)
  • 下り 頂上→40分→八合目→100分(砂走り)→砂走り五合目→20分→新五合目→登山バス55分→御殿場駅

須走口登山道は、標高2,800mまで樹林帯に覆われ、最も登りやすい登山道といわれています。富士山の強い日差しや風を避け、緑の中を歩くと、冷気が心地よく、野鳥のさえずりや高山植物などか私たちの五感を楽しませてくれます。昭和天皇が摂政官当時(大正11年)に、また、皇太子殿下が裕宮殿下当時(昭和63年)に登山をされた、歴史と伝統のある登山道です。

  • 市町村: 小山町