祐泉寺

名所旧跡

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

この寺は奈良時代の初めに建立された大寺院で代用国分尼寺となった大興寺(だいこうじ)の伽藍跡(がらんあと)に、その一部を境内として後世建てられたものです。寺伝によると、臨済宗大徳寺派(りんざいしゅうだいとくじは)の寺で梅隠宗香禅師(ばいいんそうこうぜんじ)により、永禄11年(1568)に開山されました。

本堂正面右側に直径2mにも及ぶ大きな石が、大切に保管されています。この付近を調査発掘した結果白鳳時代(はくほうじだい)(注)に建てられた薬師寺式伽藍配置を持った寺の塔心礎(塔の中心柱の礎石)であることが分かりました。この塔心礎はこの時代の典型的なものであり、大興寺の西の塔心礎と推定され、当時の建築様式を知る上で大変貴重なものです。現在、三島市の指定文化財考古資料となっています。この寺の奥まった墓地の中に北条早雲の第3子、幻庵(げんあん)の子北条綱重の墓がひっそりと苔むしています。

(注) 飛鳥時代と天平時代の中間(7世紀後半から8世紀初頭まで)
 →   古代の大寺院
 出典 『三島市誌 下巻』p577、『ふるさと三島』p.126、三島市教育委員会説明板

  • 市町村: 三島市