箱根旧街道石畳

名所旧跡

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

江戸幕府が延宝8(1680)年に、整備した石敷きの道。

箱根旧街道は、三嶋宿から箱根峠を登り、小田原宿まで下る八里(約32km)の坂道です。

この坂道は“箱根の山は天下の険”と歌にも歌われたように、東海道第一の難所といわれ、このうち、三嶋宿から箱根峠を越え、箱根の関所までの区間を西坂ともいいます。

江戸幕府が延宝8(1680)年に、二間幅(約3.6m)で石を敷きつめる整備を行いました。石畳の両側には、松や杉の木が植えられています。

山中地区から笹原地区まで約2kmの区間を、往時に近い形で石畳を整備してあります。

  • 市町村:三島市