鮎壺の滝

名所旧跡

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

町のほぼ中央を貫いて流れる黄瀬川が、奇岩・巨岩をぬって岩陸を落下する景観は勇壮そのもの。間近に見える富士山と、飛び散る白い水しぶき、木々の緑、そして空の青さとのコントラストは殊の外美しく、見る人の目を存分に楽しませてくれます。 富士溶岩流の断崖に形成された滝で、高さ9m余、流量は毎秒3~5tです。滝壺が藍のように青いところから「藍壺の滝」また、滝壺から富士山が眺められることから「富士見の滝」とも呼ばれています。

  • 市町村: 長泉町