3月第1土曜 寄神社祭礼

名所旧跡

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page

明治42年に寄地区旧七カ村内それぞれの神社を合わせて、弥勒寺のあった現在の場所に寄神社として創建。鎌倉時代のはじめ頃、源頼朝が妻政子の安全祈願のため相模十ヵ寺の一つに選び、神馬を奉納したと伝えらています。町指定文化財。

毎年、3月第1土曜に1年の豊作と住民の無事安全を祈願して祭礼が行われます。この祭には、町指定文化財である「祭囃子」が神輿の渡御に伴って演奏されます。

アクセス:

  • バス 小田急新松田駅発車。バス停支所前下車。
  • 車 東名大井松田I.C.より約25分
  • 市町村:松田町